海外のベビーカーは性能は高い〜スクスク赤ちゃんの成長に必要〜

ベイビー

赤ちゃんによくできる湿疹

ベイビー

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんは皮膚のバリア能力が低く、身体や顔にニキビのような、ぽつぽつが出来る事があります。その状態を総じて「乳児湿疹」と呼びます。原因としては、新陳代謝が活発な赤ちゃんの皮膚は、皮脂の分泌物で毛穴が詰まりやすいことがあげられます。アトピー性皮膚炎や、食物アレルギー、汗疹などが原因の場合もあります。総じて赤ちゃんの皮膚は弱く、乾燥しているのです。しかし、生後1年くらいになってくると、肌の抵抗力が強くなり、抗体も出来てきます。その後は著しい改善を見せ、すべすべな、文字通り「赤ちゃん肌」が確立されていくのです。「乳児湿疹」は、あくまでも乳児に出来る湿疹の事です。その原因を突き止め、適切に処置してあげることで、乳児湿疹は長引くことなく改善していくことでしょう。

正しいケアで湿疹治療

それでは、赤ちゃんが乳児湿疹になってしまったら、どうすればよいでしょう。よく「石鹸は使わないように」と言われる時や「石鹸で皮脂まで落とした方がいい」と言われる時など、意見は様々です。乳児湿疹と言っても、その原因は多種多様です。皮脂が多い脂漏性湿疹の場合、ベビーシャンプーなどで、頭を綺麗に洗うのが良いようです。かさぶたなどにはワセリンを塗って保湿してあげましょう。食物が原因の時は、何がアレルゲンになっているのか、医師の診断を受けましょう。基本、清潔にして、汗をこまめに拭き取ってあげ、お風呂上りには、刺激のないローションやクリームを塗ってあげることが、一番のケアになります。乳児湿疹の原因や症状に合わせて、使い分けしていくことが最善の策なのです。